スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二日酔いってなんなのー?

  25, 2017 17:00
皆さんおはようございます。
今日の僕は二日酔いの為、お昼まで寝てしましました…。
頭が痛い事とかよりも寝過ぎてしまった事が一番悔やまれます!!

普段はあまり二日酔いにならないんですけど、珍しく二日酔いって症状になってしまいましたねー。
頭は痛いし胃もむかむかっとします!

そんな状態ではありますが…「二日酔いって何なの?」と気になってしまったら止まりません。
調べてみましょう-!!

と言うわけでWikipedia大先生よろしくお願いします!

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。また、宿酔(しゅくすい)とも云われる。急性アルコール中毒とは異なり、生命に直接の危険はないが、しばしば頭痛や吐き気などの著しい不快感を伴う。なお飲酒後、短時間に現れるものは悪酔い(わるよい)という。一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態を指す。

どうやら体内に入ったアルコールは胃腸で吸収され肝臓に運ばれ、肝臓でアセトアルデヒドに変わるそうです。
そしてそれが酢酸に分解され、最終的に水と炭酸ガスになるそうですね!
この分解の過程で発生するアセトアルデヒドが体内に蓄積しすぎると不快な症状がでるようです!

後、調べてみて解ったのですが、この症状が発生するタイミングで呼び方がかわるそうです。

飲み始めてすぐに症状が出る人 → 下戸
飲んでいる最中に症状が出る人 → 悪酔い
翌朝に症状が出る人        → 二日酔い

って感じみたいです!
お酒の飲める人飲めない人の差はアセトアルデヒドの分解能力の差って事みたいですね!

それにしても、いつもと同じくらいの量を飲んだつもりだったのですが、今日はアセトアルデヒドをいつもの様に分解してくれてないから二日酔いになっちゃったのかな?
体調とかにもよって処理能力は変わるのかもしれないですね!

そしてなんと日本人はアセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素というものがあるんですが、
そののひとつ「ALDH2」が遺伝的に働きが弱かったり、それ自体が欠けている人が多いそうです!
日本人は世界的に見てお酒に弱い人種みたいですよ!

今日の僕にとって一番大事なのはこの症状をどうやったら早く直せるか…です!
まずはアルコールを飲んだ後は摂取した水分以上の水分が体から失われているようなので水分を補給する事がいいようです。
ナトリウムやカリウムが多く失われているので、スポーツドリンクやお味噌汁なんかが良いそうです!

ズキズキする頭痛にはコーヒーに含まれるのカフェイン牛乳に含まれるセントロニン血管収縮作用が良いみたいです!

胃痛や吐き気のある人は胃酸が出過ぎちゃってるらしいので、これを押さえるには生姜が効果的なようです。

そして元凶であるアセトアルデヒドの解毒作用があるのはシジミやひまわりの種、ゴマなんかが良いそうです!
さっきお味噌汁が出て来ましたので、しじみのお味噌汁がいいかもしれませんね!

というわけでお味噌汁でも作ろうと思います!
今回のまとめ!

①二日酔いはアルコールを分解する過程で発生するアセトアルデヒドが原因!
②お酒に弱い人は分解能力が弱い!日本人はそもそも弱い人が多い!
③二日酔いになったらコーヒーとしじみのお味噌汁!
④そもそも飲み過ぎない!!

こんな感じですねー。あーもう夕方かぁ…。
本当に頭痛とかよりも寝過ぎてしまった時間が一番痛い…。
でわでわしじみ買いに行ってきます!
関連記事
スポンサーサイト

 雑記

Comment - 2

花おばさん  

二日酔い講義

今日も、為になる講義に、なるほど~そうなのかと、なりました。

たかが二日酔い、けれど、奥が深い~かもしれませんね。

人生で、一度だけ、二日酔いになりました。翌日、がんがん頭いたくて、二度となりたくないと思った日が懐かしいです。

Edit | Reply | 
ひつじ先生  

To 花おばさんさん

二日酔いになる度に「もうお酒は飲まない!」と思うのですが、それでもまた飲んでしまうんですよね。
わかっていても学習できないものです…。

Edit | Reply | 

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。